活きた酵素と青汁は添加物を一切使用せず、成長期に有益な成分をたっぷり補充できますから安心して子供に与えることが出来ます。

・活きた酵素と青汁の栄養素について

成長期の子供に欠かせない栄養は体の基になるたんぱく質です。

しかし、肉や魚、卵といった動物たんぱく質や豆腐など大豆製品の植物性蛋白質を摂っているだけでは健全な成長は望めません。

たんぱく質を分解する潤滑油にあたるビタミンやミネラルを摂ることを忘れてはいけません。

ビタミンB群は炭水化物やたんぱく質、脂質の三大栄養を代謝に不可欠で、エネルギー生み出す補助の役割を果たします。

骨や歯の成長に欠かせないミネラルはカルシウムとマグネシウム、そして血液のヘモグロビンを作る鉄分も成長期の子供に必要です。

亜鉛はタンパク質の合成や骨の成長にかかわる成長期の子供に最も重要な必須ミネラルで、不足すると発育不全を起こします。

子供の味覚は発達途上なので好き嫌いが多いのは当然ですが、活きた酵素と青汁は子供にも飲みやすい自然な甘さです。

牛乳や果汁100パーセントのジュースで割ると美味しい飲み物感覚になります。

・子供の心と体の健康を守るには?

子供は汚染物質や毒素、食物添加物の解毒メカニズムが十分に発達していない点が大人との大きな違いです。

しかし、子供を取り巻く環境に目をやると、加工食品やファストフード、スナック菓子、清涼飲料水と添加物が多用された食品にあふれています。

活きた酵素と青汁で摂れる亜鉛には有害物質を排出する作用があり、乳酸菌は腸内環境を整えることで子供の未熟な解毒作用を補佐することができます。

またこれらの食品に含まれる添加物は、カルシウムと結びつき体外に排出してしまいます。

子供の骨や歯の成長を阻害するにとどまらず、カルシウム不足は脳の発達にも影響します。

高カロリーで栄養に乏しい食生活は、小児生活習慣病の原因になっています。

活きた酵素と青汁に配合された桑の葉には糖の吸収を抑制する成分が含まれ、子供の糖尿病や肥満などを予防、改善します。

添加物による人工的な味や匂いのない活きた酵素と青汁は、手作りおやつや料理にも活用できます。

家族そろって飲む青汁や、お手製の青汁おやつは子供の健全な成長を助けるばかりでなく、心も育てることができます。