病気になりにくい体つくりに不足がちな野菜の栄養素を青汁でカバーするのは良い習慣です。

活きた酵素と青汁には、青汁に活性酵素と乳酸菌の働きが加わりさらに効果的です。

・体を守る抗酸化物質と免疫力

体内で作られる活性酸素が正常な細胞の遺伝子を傷つけガン細胞を生み出すというのがガン発生のメカニズムとされています。

活性酸素は人が生命活動を行う上で必ず発生するので、本来体には活性酸素を除去する物質が備わっていますが、酸化を繰り返すうちに次第に減少します。

野菜には活性酸素を除去する成分が含まれていますので、不足すると体は酸化の一途をたどることになりガンの危険性が高まります。

活性酸素の除去に効果の高い栄養素としてビタミンCやE、亜鉛、ポリフェノールなどのファイトケミカルがあげられます。

これらの栄養素は単独で効果をあげるのではなく、他の栄養素との相互作用によって初めて成分が有効になります。

活きた酵素と青汁にはがん予防に有効な抗酸化成分はもちろん、補助するビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

また酵素や乳酸菌の働きでガン細胞を殺傷するNK細胞やマクロファージを活性化し、異常細胞の増殖を抑える効果があります。

免疫細胞は侵入した細菌やウィルスを死滅させる働きがあるので、インフルエンザやノロウィルスに感染しても発症しない強い体を作りあげます。

・生活習慣病にならないために

生活習慣病は運動不足や喫煙習慣、不規則な生活などが原因にあげられますが、最も密接な関係にあるのは食生活です。

野菜の栄養価は減少傾向が著しく、加工食品に含まれる添加物には取り入れた栄養素の吸収を阻害する物質もあります。

高カロリーの食事に注意し野菜をしっかり摂っているつもりでも、野菜不足だということもあるのです。

活きた酵素と青汁はミネラルやビタミンなどをたくさん含みますが、その中でも生活習慣病の予防に良いとされる成分を含有しています。

桑の葉に含まれる食物繊維とデオキシノジリマイシンは糖の吸収を抑制する働きがあり、血糖値の上昇を抑える特性が認められています。

食物繊維には老廃物を排出する働きもあり、加えて亜鉛の毒物や添加物を排出する作用で血液をさらさらにします。

パパイン酵素には脂肪を燃焼させ代謝を高める効果とあわせて、血中コレステロールに直接働きかけ減少させる作用があります。

乳酸菌は善玉菌優勢の腸内環境を整え免疫力を向上させる効果や、有害物質を代謝、排出する効能により生活習慣病にならない体を作りだします。

肥満は生活習慣病やガンの元凶と言われていますが、活きた酵素と青汁には肥満を改善し予防する働きが充分にあります。

活きた酵素と青汁はガン予防だけではなく、生活習慣病や肥満そして感染症の予防が期待できます。

進歩した現代医学でも治療が困難な病気は、羅漢する前に予防することが大切です。