野菜不足の補充には青汁が効果的だと、健康意識の高い人たちに支持されています。

活きた酵素と青汁は成分の活性酵素や活性乳酸菌で栄養素の吸収率を効果的にし、疲れた体を元気にします。

・青汁プラス酵素パワーで疲労回復

いくら寝ても疲労感が残る、疲れて頑張りがきかないという症状は、ビタミンやミネラルなどの栄養素が足りないこともありますが、酵素不足かもしれません。

酵素不足は満腹まで食べてしまう、肉や卵など動物性蛋白質を中心にした食生活が原因にあげられます。

食べ物を消化するのに時間がかかる食生活は、分解吸収するためにたくさんの酵素が使われ、体の機能を調整する代謝酵素が不足してしまいます。

酵素は熱によって壊れやすいため、生野菜嫌いなどの偏食による不足も考えられます。

また人の体内酵素を生産する量には限りがあり、加齢によって体内酵素は徐々に減ってくるため酵素不足が起こります。

活きた酵素と青汁に配合されるパパイン酵素とナットウキナーゼは、熱や胃酸に死滅せず腸まで届くので酵素不足を効果的に補います。

充分な代謝酵素は毒素の中和や老廃物の排出を促進し。細胞の制製活動が活発にするので疲れにくい体を作りだします。

・疲れない体を作る乳酸菌の力

活きた酵素と青汁に配合される乳酸菌も疲労度と密接な関係にあります。

腸内には善玉菌と悪玉菌にはっきり分けられるほかに、どちらでもない常在菌が存在します。

このどちらでもない常在菌は、善玉か悪玉が優勢な方に加担するいわば風見鶏性格で、腸内存在比率は70パーセントに及びます。

つまり悪玉菌が善玉菌を抑えてはびこると風見鶏菌は悪玉菌に加勢し、腸内環境は一気に悪玉菌天下の環境に転じるのです。

腸機能の低下で栄養素を充分に取り込めないばかりが、分解消化しきれなかった食べ物のカスから発生する有害物質や老廃物が充満することになります。

このような状態下で免疫力はどんどん低下していきますから、慢性的疲労につながります。

活きた酵素と青汁に配合される乳酸菌は、胞子を形成して乳酸菌が生存不能な環境でも生き延び、活動の場の腸に達した時に胞子から発芽して活動を始めます。

一般の乳酸菌より活動時間が長く、腸内で約1週間生き続ける特徴から高生存乳酸菌と呼ばれています。

[gw] 活きた酵素と青汁は野菜不足による疲労感を解消するばかりではなく、活性酵素の力で体のメンテナンス機能を向上させます。

さらにパワー全開の活性乳酸菌が免疫力を向上させ疲れにくい体を作ります。[/gw]